その2 ラグビー



なんだか
いろいろあってこのあいだ(12月はじめ)
芦屋でラグビーを見ました。
なぜだかラグビーを見ることになって、
ラグビーが始まるまで
わたしはすることがなかったので
ゆりかもめと鴨に餌をやりました。
大胆豪華に食パン1袋。
夢中で細かくちぎっていたら
不思議ちゃんと思われてたみたいだけど、
久しぶりにゆりかもめに餌をやると
小さい時のことを思い出しました。
冬になると
鴨川にはゆりかもめが来るので、
近所のパン屋でもらったパン耳を持って
冬が終わるまで
何度もゆりかもめに餌を
やりにいっていたのでした。

ラグビーの試合を
近くでちゃんと見るのははじめてでした。
お正月にテレビで
ぼーっと見ることとかはあったんだけどね。
やっぱり近くで見ると迫力でした。
そんなにすっごい人たちの試合では
なかったのですが、
(子供席2つついたママチャリで乗りつけてる
パパプレイヤーもいた・・)
とても楽しんだので、
すっごい人たちの試合は
もっとおもしろいのだろうなぁ。と。
でも、どこら辺が紳士のスポーツなのだろうかと。
紳士というか、
おおらか過ぎる人が多いのは気のせいかしら?
ラグビー、また間近で見てみたいです。
そんなこともあったりして
この頃、時々夜中のラグビー特集を見ているのですが
やっぱり画面を通すと
迫力不足なのでちょっと悲しいです。

迫力といえば、
わたしはわりと格闘技好きなのですが
大晦日はあっちでもこっちでも格闘技で
何が何かは分からなくなりそうだったけど
あっちもこっちもつまみ食いで見ました。
違うことをしながら見た上に
ヨシエがものすごくチャンネルを変えるので
とにかく目がまわりました。
でも、いろいろバイキング式に満腹でした。