よてい

kane2012.jpg
震災から1年が巡りましたね。
誰にとっても
同じだけそれぞれ違う1年が
過ぎていきましたね。
当たり前だけど
その節目は意識しなければ
音もせず、目にも見えずなものでしたね。
magarikado.jpg
ブログを書かなくちゃと思いながら、
春が来るまでに
先にこっち、次はこれと
間に合うのかどうか
旅の途中では分からないまま
家の中でもたもたと
あれこれ膨らませているうちに
遅かった梅の蕾も膨らんで開き
春が香っていました。
ume2012-1.jpg
ume2012-2.jpg
誕生日までにお腹の子が生まれたりするのかな、
自分の誕生日と一緒になったりするのかな、
そんなことを思いながら通り過ぎた
自分の誕生日はなんだか落ち着かない一日で、
誕生日までにいろいろ一段落させるんだという
目標は達成出来ていたので
なんだかほっとしつつ
まだ安心出来ない誕生日でした。
特別誕生日らしいことは
なにもしなかったです。
ichigoichigo.jpg
ichigospoon2.jpg
tsubushiichigo.jpg
そして迎えた今日は
実は出産予定日。
雨が降っているけれど、
どこからか「ホーホケキョ♪」も聞こえます。
のんきなことです。
こんな風に予定日ってくると思ってませんでした。
だから予定なんだなと実感出来る日です。
あと少し
あと少しと
残したことをあれこれながら、
ひたすら散歩したりしています。
一昨年の秋、
Hで「すりばち眼鏡」が
本になりますよと指きりしてから、
膨らましていた計画は
一度崩してしまったけれど、
また集めて
また膨らませて詰め込みました。
梅ではないですが
これもまた少しだけ予定より遅れそうながら、
もう咲くばかりのところまできました。
もうすぐ届けます。
ああ、
やっと届けれます。
suribachihyoushi.jpg
urahyoushi.jpg
作っている間
たくさん苺を食べたせいか
私にしては珍しい
赤で攻めた本になりますよ。
写真に、絵に、文章に、
これは何に分類される本になるのか
さっぱり分からない本になりそうだけど
私にとっても宝箱というか、
万華鏡のような本になりそうです。
いつでも予定は未定だけれど、
二兎追っていた
二兎はもう
この手から逃さなければ、
出産も出版もやっちゃう春です。
正式発売日はまた追っかけて
すぐに、
最近お休みがちだった
ヨシエさんにも始動していただいて、
どんどんあれこれお伝えしていきますね。