秋の雨

週末ごとに秋の雨な具合ですが、

私は雨を楽しみにしていました。
先週末の雨の後
昨年の11月にもらってきた
しいたけの原木から
しいたけがもこもこ出てました。
siitake3.jpg
siitake1.jpg
食べるのがまだもったいない
うれしいたけ。
母の実家からもらってきたホダ木だから
大きいのを母に届けるべく
実家にビュンと届けにいったら、
しいたけ嫌いのヨシエしかおらず
ちっとも喜んでくれず
ほんとに悲しいたけでしたが。
siitake5.jpg
菌床しいたけとは違って
しいたけーーーって味です。
この秋飽きるまで
どんどんしいたけが出ますようにと
思っている週末です。
kabotya.jpg
実家で私が下書きしておいたカボチャは
その後、母により無事彫られて
しばらく食卓に飾られていたようですが
私は直接目撃する間もないままに
傷んできたからと全部料理されたらしく、
先日、コロッケになって届きました。
kabokoro.jpg
kabokoro2.jpg
コロッケでその日の晩ご飯の用意は
とっても大助かりで、
みんなで美味しくいただいて、
それからまた
お礼に私はまた
しいたけを少しと、
みんなが好きなパン屋のパンを買って届けたり、
少し離れて距離が出来て
一緒にごはんを食べることは減ったけど
その分だけ心を乗せて
また新しい美味しいや
優しいやうれしいが
あっちへこっちへ始終行き来するのは
うれしいことです。
思いの丈は
なかなか形に出来ないのに
形に出来る仕事をしているのだから、
お腹いっぱい
美味しいごはんが食べれた分だけ
ありったけ
思いの丈を形に残せるといいのですが。
syougoin.jpg
さて、今年も
四方に矢が放たれる
お祭りの季節になってきました。
あれもこれもそれもどれも
しっかりやらねば
10月です。
指はほとんど治ってきました☆
おおきに☆

刺されて9月

8月の末からこれまでにかけて

なんだか目を回したというか
あれれれれっと過ぎました。
asagao.jpg
花の時期の長いケープタウン朝顔。
暑さにへばりながら
日射しを防いでくれた
緑のカーテン。
お寺にお手伝いに来てくれるおばちゃんが
種が出来たら欲しいと言っていたけれど、
この朝顔は挿し木で増やすもんらしい。
どうしようかしら。
それにしても野菜が高いと
横を通る度、
なんだか葉っぱサツマイモみたいだなと
思っていたら、
ナス目ヒルガオ科サツマイモ属。
yakinasu.jpg
ナス目?
ナスはナス目ナス科
そして、サツマイモ属?
分類をたどるのはいつも
おもしろいもんです。好きです。
それにしても朝顔の根やらは
だいたい毒のイメージでしたが。
ジャガイモ(ナス目ナス科)
の花は知っているけれど
サツマイモの花が
ちっとも頭に思い浮かべれず
ネット上で見てみたら
朝顔みたいな花が咲いていました。
めったに咲かないみたいだけれど。
この夏は
何度焼きナスをしたかしら。
秋もまだするのだろうな。
gyoza.jpg
korokke.jpg
すこし涼しくなっただけで
あれもこれもしてみようと
料理にもやる気が出ます。
よく研いだ包丁は
キャベツも切られてるのに
たぶん気付いてないくらい
千切りに切れますし、
なんだか料理上手な気分が高まりますが、
yubikireta.jpg
先週、うっかり指を切ってしまいました。
いやぁ、よく切れました。
でも、頭も切れていたので
けっこう絵も描けた
今日この頃でした。
ブログやらは
書きそびれてましたけど。
kunienobun.jpg
よく食べていたのは
いつも通りの
見ての通りで。
気がつけばお菓子も萩やら初雁やら
秋に変わっています。
tonbo.jpg
とんぼもあちこちで見かけるようになりました。
とんぼはこうして
目を回して捕るもんやと
幼い頃、母に教えられましたが、
そんなことして
トンボが捕れた覚えがありません。
とんぼのめがねは
青い空を飛んだら
そらいろめがね
ピカピカおてんとさんを見たら
ピカピカめがね
夕焼け雲をとんだら
あかいろめがね
yugatasosui.jpg
さて、
Hで連載して来た「すりばち眼鏡」が
とうとう1冊の本になります。
どんなめがねになるのか
自分でも楽しみです。
8月の終わりから9月はじめ眼鏡な
「すりばち眼鏡」の載ったHも
近々出ますよ☆
すりばちめがねは
なにいろめがね?

八が刺す

毎日お暑うございます。

処暑なんて言っても
夕立もちっとも降らず
暑い毎日がまた続いてますね。
日暮れは早くなり、
夕焼けだけは毎日赤くなっていっているのに、
昼間は暑過ぎて
だいたい「ハ」みたいな目になっております。
daimonji.jpg
この間の五山の送り火。
去年は行けなかったけれど、
今年はうれしい予定外で
ちゃんと護摩木書きに行けまして、
去年は見れなかった
送り火も見ることができました。
jizoubon.jpg
jizoubon2.jpg
jizoubon3.jpg
さて、送り火が終わったら、
夏の終わり、
8月の締めくくり、
子供の頃の楽しみと言えば「地蔵盆」。
実家では中学生以降は
すっかり夏の終わりに見かけるだけで
無関係になっていた地蔵盆でしたが、
去年の夏からは
また再び楽しみな地蔵盆になっています。
大人も子供もみんな参加で
夜のビンゴゲーム。
「8」で
まさかの早々ビンゴで、
とびきり大きなスイカをいただきました☆
去年は最後まで残って
参加賞のジュース1本でしたが。
suica.jpg
重さにして8キロ以上。
立派なスイカでした。
嫁ぎ先ではもともと
スイカなんて当たらないだろうということで
冷やされておりましたスイカを食べまして、
スイカが大好きなカンバラ家に
冷やして抱えてお届けしました。
スイカが好きだった父に供えたのは
ほんの一瞬でしたが、
きっと存分に食べたでしょう?
母がうれしそうに切ってくれたのを
ちょっと一緒にいただいたら
実に赤くて甘くてよいスイカでした。
atarasikutsu.jpg
こないだの大安、
赤いワンピースで
新しい靴をおろしたら
すっかり立派な靴擦れでしたが
何度も履くうちに
足に馴染む予定です。きっと。
いろいろ愉快なことに
はち合わせする靴なはずなんです。
たるも八卦
当たらぬも八卦です。
ビンゴ以外は
なかなか「8」で刺せなかった8月に
なってしまった気はしますが
この夏の暑さはまだまだ続くらしいから
夏休みの宿題の仕上げの如く
夏をもうちょっと
えい、やーーーっっと
延長戦です。

空色の真夏

ramune.jpg

1本一気に飲めないけど、飲みたいラムネ。
ガラス瓶にビー玉が入っていないと
どうも心惹かれません。
日本最初の清涼飲料水は
ラムネだったそうですね。
レモネードが語源だそうだけど、
レモネードとラムネ
もはや別物。
夏の季語ラムネ。
もう、20世紀の飲み物なんでしょうか。
入道雲がシュワシュワの空の下、
今年はじめてのラムネでした。
AKB.jpg
で、その後、
21世紀のアイドルと一緒になった
ラムネソフトを食べました。
21世紀なのは外側だけで、
安心の20世紀ラムネ味でした。
室内で庶民アイスでした。
しかし、コーンは
本格ワッフルコーンでした。
むあむあと暑い盆地の夏、
日本の夏、京都の夏、
アイス食べて、お茶飲んで、
一息ついたらまたがんばれるもんです。
kakiage.jpg
晩のおかずの一品に
生のコーンと枝豆をかき揚げにしました。
みんな何も言わずに食べてましたが、
甘い夏の味に
サクッっと揚がっていたと思います。
france26.jpg
そうそうフランスも
夏空は同じように青くて、
同じように暑かったけど
カラッと違う暑さで、
入道雲どころか
雲をちっとも見ませんでした。
飛行機に乗ってる時は
雲をポツポツ見てたんですけどね。
そうそう、
そして、
フランスのアイスキャンディーも
おやつもカラフルでした。
空色の食べ物って
見なかった気がします。
metro.jpg
洗濯したズボンのポケットから出てきた
フランスのメトロのチケットが
無事乾きました。
他に残していたチケットなんかと一緒に
スケッチブックに整理せねばです。
jitensya1.jpg
誕生日にもらった空色の自転車は
フランスじゃなくて
イギリス国旗が入っています。
人生ではじめての
ちょっと外国人な自転車です。
あっちにこっちにほんとうに快適です。
坂道もスイスイスイです。
やっぱり炎天下は汗もかきますけどね。
実家にもビュンと帰れます。
minichari.jpg
久々に実家に帰って、
ついこないだまで乗っていた
ミニチャリンコの方で
ヨシエさんと
買い物がてらの夕方サイクリングに
でかけましたらば、
それはそれはびっくりしんどくて
びっくり大汗をかきましたが、
空色自転車のありがたさが
よくわかって良かったです。
kagurazaka.jpg
暑い暑い夏の空の下、
「涼しくなろう!」を合い言葉に
自転車で必死に上って
あっという間に一気に下って
スピードと風を感じる遊びがありましたが、
どうしてあんなバカなことできたのか、
時間を持て余し
それそれは元気だった小学生の頃の話。
実家の近所では一番長くて急な坂、神楽坂。
久しぶりにビューッと
ヨシエさんと下りました。
30歳を過ぎたって、
暢気に坂を下れるもんで、
10年前も
ちょうどそんな話をしてたかもね、
結婚したからって
相変わらずなもんだねと、
時の移り変わりと
相変わらずさを
一気に実感出来る坂でした。
sarusuberi.jpg
暑い暑い夏中ずっと
花をつける真夏の花、
サルスベリ。
猿も滑りそうな幹。
実際、猿は滑らないんだと
ヨシエさんが見上げて言いました。
サルスベリって名前
やっと覚えたもんだな、
ヨシエさん。
と思いました。
この夏はまだ真ん中。
同じように暑いけど、
身辺の変化に目を回していた
去年の夏と違って、
この夏がよく見えます。
結局、
よく見えてまた
目を回しそうには
なるけれど、
それもまたいつも通り。
新しい夏なのだから。
一生懸命上らねば
ビューンと
下れないのです。

空の旅

私は関係ないものの

お寺が鐘つき当番で
なんだか慌ただしかった水無月は終了。
いざ文月
梅雨の真ん中
いよいよ祇園祭本番な京都を飛び出して、
夏本番なパリへ
ちょっぴり行ってきました。
tabidachi.jpg
いろいろあって徹夜してたから、
空港バスも飛行機も
ほとんどずっと寝てしまっていたけど、
空をあんなに飛んでいたのは初めてでした。
france10.jpg
空は青く、
空気はからっと乾燥していて、
でもしっかり暑い。
たどり着いた、
フランスは夏の匂いでした。
france31.jpg
強い日差しに
何度もクラクラしました。
曇ったり雨がドカンと降る日もあったけど、
ほとんどが暑くてまぶしい夏日でした。
france4.jpg
france23.jpg
france5.jpg
あっちにもこっちにも
メリゴーラウンドをみました。
小さな遊園地をみました。
あっちの教会、こっちの教会と
お寺とは違う鐘の音が響くのを聞きました。
france30.jpg
カラフルでかわいいなと思う
ワンピースやスカート、キャミソールを
たくさん見た気がします。
年配の女性もみんな女性が
なんだかすてきに見えた気がします。
太陽を求めるように過ごす人が多くて、
サングラスは見かけるけれど、
日傘や日焼け防止ファッション、
冷え防止ファッションは
ほんとに見かけなくって、
見た目には気持ちのよい夏が
いつも目の前に広がっていきました。
france6.jpg
毎日私もワンピースでした。
毎日日焼け止めは塗ってたけど、
ちょっと日焼けでした。
いくらがんばっても
私は太陽の下でサングラスして読書なんて
生涯取り組むことのない行動です。
しょせん、
インドア派猫背代表もやしっ子ですから、
日陰、木陰を探してしまいます。
natsufasion.jpg
日陰、木陰はあるけれど
よく冷えた飲み物、
氷入りの飲み物、
パフェみたいな食べ物、
よく空調の効いた場所にはちっとも出会えませんでした。
暑くても人気なのはテラス席で
熱いコーヒーをみんなけっこう普通に飲んでました。
アイスコーヒーは日本の文化だよと、
主人に教わりました。
どこまでも続く石畳の道は
毎日足にこたえました。
france24.jpg
枝さんのお店のごはんは
しっかり最後まで食べてきましたが、
後は何を食べても量が多かったり
なんだかすっかり胃腸に
ドンとこたえた旅でした。
フランスのみなさんの胃腸はすごいなと思いました。
france20.jpg
france21.jpg
france12.jpg
ともかく夢中でサクランボを食べていました。
胃腸が不調の朝もサクランボ。
元気がなくなった夕方もサクランボ。
サクランボは
日本より安くて肉厚で
ともかく美味しかったです。
france1.jpg
france8.jpg
france3.jpg
france17.jpg
ice.jpg
omise4.jpg
どこを撮っても絵になるフランスでした。
すぐ私がくたびれてしまうせいで、
私がスーパーやら日用品店ばかり見たがるせいで、
一番うろうろしたのはホテルの近所で、
結局これといった名所はほとんど訪れられなかったけど、
フランスの日常をたくさん見た旅でした。
france19.jpg
蚤の市には行ってみました。
今月誕生日のthe Indigo田岡みっきーが
好きそうな物がてんこもりの蚤の市でしたが、
買った物はハガキ2枚でした。
france18.jpg
何度ものったメトロで1度、
足を蚤にかまれました。
普通に座ってたら
どんどん痒くて大パニックでした。
私の前に座ってはった人についてたんでしょかね。
こんな乾燥してるフランスにも蚊がいる!と思ったら、
蚤でした。
他の乗客に誰もそんなことになっている人はなく、
私はなんだか貴重な体験をしたようでした。
あんまり痒くて、痛くて、
飛び込んだ薬屋のお姉さんが売ってくれた薬は
よく効きました。
france9.jpg
帰りの飛行機にまで
サクランボを持ち込みました。
機内食を食べずに
サクランボばかり食べて帰ってきました。
七夕に空を飛んで帰ってきました。
いろいろあったような
ぼんやりしていたようなパリ旅行でした。
夏が終わった気持ちで
日本に帰ってきました。
祇園祭も終わって
いよいよ明けた梅雨、
これからがほんとの夏だということが
こんなに暑い今日も
いまいち実感出来ません。
困ったものです。
Hに描いた「すりばち眼鏡」を開いたら
そうだ
こんな絵描いたななんて
ついこないだのことなのに。
そらそら夏が来る。
いやいやほんとに夏が来る。